眠っている間、人は魂の記憶をたどっていきます

精神は何ものにも束縛されず自由に飛び回ることができ、行った事もないような場所に行ったり、不可能なことも可能にしたりします
前世で見た風景や将来自分が行く場所を教えてくれることもあります

夢には日常の思いを反映させた夢、予知夢、幻覚的な夢、疲れて見る夢、一時的な欲望からの夢があります
中でも予知夢と自分の思いを反映させた夢は繰り返し見ることが多く、私達に何かのメッセージを伝えようとしています

特に明け方3時過ぎの夢は、霊夢の可能性が高いと言われています
ただし、疲れが残っていたり寝苦しかったときの夢は、そうではないかもしれません
その夢を見ている間、「気持ちよく眠れていたか?」が見分けるヒントになります

また夢を見せてくれた「存在」の霊格が高いほど、遠い未来のことまで教えてくれます
一方で、低い存在の場合は、寸前のことが多いようです

それから、ギャンブルや株などの投資投機の夢は、霊格が高い存在ほど、見せてはくれないそうです
それは、必要なお金は別の手段で入るようにするから、とのことです

ちなみに色つきの夢を見たら、非常に疲れているか、知能や情緒が発達した天才タイプさんかもしれません!


昔から悪い夢を見たら「獏に食われろ!」と3回唱えると災いから逃れられるとされていますが、もしかしたらその夢は私たちへの教えや気付きまたはアドバイスかも
ですので気になる夢の意味を知ることって大切
そして自分自身の気持ちや状況について振り返ってみましょう


◆ 夢分析 Toppage

◆ home


Copyright © All reserved by Kay Sato 2021