Hearts in Harmony式 カバラ数秘術講座


数秘術講座 Toppage 受講形式 お申込からの流れ プロフェッショナルコース よくあるご質問

講座概要 ― Hearts in Harmony のカバラ数秘術講座について



生まれ日からもたらされる "気づき" は、深層意識に触れ、心を動かし、勇気づけたり癒し、その人のもつ本当の力や精神を生き生きと目覚めさせます

Hearts in Harmony (以下 HIH)ではそのようなリーディングができる実力派のプロを育て、いっしょに社会貢献してゆくことを、理想や目標にしています

* * *

当講座では、17年に及ぶ経験から得た情報をふんだんに取り入れ、未経験のかたから経験がおありのかたにも、わかりやすいだけでなくより深くて的確なリーディングが行えるよう、指導してまいります

特に数字の解読法の広さや深さ、人の心理のメカニズム、施術体験の豊富さ、運気の解釈や知識 については定評をいただいています

講師は、2001年から数秘術の研究および実践を始め、2005年より講座を開始。
いまに至っています
そして下のような要素も加え、17年かけて独自のリーディングスタイルを構築し、お教えしています

・カバラ思想(セフィロトの概念)
・スピリチュアリズム(生まれ変わり)
・西洋占星術
・心理学
・色彩心理学
・処世術(多岐にわたる知識や情報)
・カウンセリング技法


数秘術は他のどのような占術にも応用でき、しかも併用することによる相乗効果も期待できます



こちらのブログでは、主に数秘術や心理学、スピリチュアリズム関連の話題について投稿しています。 最高で一日12,000アクセスを達成したこともあります。
よろしければ参考までにご覧になってみてください

カバラ数秘術のBlog





― Hearts in Harmony のこだわりについて

『覚える数秘術ではなく、"読める" 数秘術を』

当サロンでお教えする、一般に○○数と呼ばれる数秘の数の種類は、他所と比べて多くはありません。
5種類前後のみ、に限定しています。
それは15年以上に及ぶ経験と研究から、そのようにたくさん使う必要はないと判断したためです。

実際に進めてみますと、むしろ種類が多い分複雑になってしまい、情報や結果に矛盾が生まれ、その結果、お客さまからの信頼や信憑性が揺らいでしまうことさえあります。
(私自身もまだ初心者の頃に、データとして使用する数字の種類は多ければ多いほど良いと錯覚していました)

また、ゲマトリア(姓名判断のように、名前から解析する方法)では、日本名の場合、『ある条件やコツ』の元で利用しなければ、やはり信頼がおける結果を導きだすことは不可能と考えています。
たとえば、加藤さんを Katou Kato Katoh とどう綴るか?ですとか、RとLとの違いですとか (日本のアルファベット表記はいまだに議論がなされているそうです)

ヌメロロジストは、人柄もさることながら、結果についても信頼性の高いものを提供できなければ、その後は続きません。
正確さや実用性=信頼性 といった観点から、数字の種類は5種類で十分 というのがHIHの意見です。

また、一種類の数字あたりの分析のしかたは何通りもありますので、それさえわかれば元の数字の種類は5つでも十分、ハイレベルのリーディングが行えます。


実は、リーディングセッションで最も重要な点は、受け答えのしかた です。
しかも的中率の高さよりも、それらのほうが、お客さまからの印象や評価をよほど左右いたします。
レッスンでは、そうした傾聴法やセッションの進めかた等についても、現場経験から得たコツをお教えしています(上級心理カウンセラー資格保有)


最後に、開講当時から、マンツーマンでの指導にこだわっています。
それにはこのような理由があるためです。

● ご自身について知ることも練習のうちで、これも同時に行いながら進めてゆく(プライバシーの保護)
● 周りに気兼ねなく集中してお受けいただける
● 気軽に質問したり、答えることができる
● そのかたの個性や経験に応じて、フレキシブルな指導がおこなえる
● ご自分のペースで進めることができる
● きめ細やかなケアや対応が望める(コース終了直後にセッションができるほどのレベルになれます)



― 目指している数秘術について

それはずばり、「人や社会をより平和で豊かにする実用的なツールとしての数秘術」 です。

Hearts in Harmony では、数秘術を 『カウンセリングや心理療法テクニックの一つ』 ととらえており、その考えの下に、数秘術を行い、またレッスンさせていただいています。



― 最後にHearts in Harmony からの『お願い』

レッスン中は、くだけすぎない程度の笑いや息抜きの時間を交えながら、リラックスして受けていただける雰囲気や進行を心がけております。

が、こと"学ぶ姿勢" に関しては講師は真剣です。
それは、この限られた時間の中で、できるだけ多くの数秘術の知識やスキルを身に着け、長くご活用やご活躍いただきたいという思いがあるから、です。

その方のお考えや自主性を大切にしているため、復習や予習、練習をこちらから促したり強制はしていません。
けれど、ご自身から自主的に、練習や勉強をしてくださる熱意がおありのかたは大歓迎です。



受講スタイル ― オンライン式 



― オンラインアプリ Zoom を使用します

Zoom とは、オンラインチャットのアプリです(2018年5月より導入しました)

スカイプよりも高機能で機能も充実しているのですが、操作はむしろシンプルで簡単
事前にアカウントを用意したり、登録や設定をしたりなど、手間もかかりません
(こちらからお送りしたメールにあるURLをclickするだけで、つながります)

準備と使い方については、こちらに実際の画像を使った説明ページをご用意しております
Zoom の利用方法(別窓)

※ アプリ自体の使用料は無料です (ネット接続にかかる費用のみです。つまり実質ゼロです!)
※ 映像と音声の両方を使用します

設定や操作についてご心配なようでしたら、お手伝いいたします
とっても簡単ですのでぜひお気軽にお声をおかけください





● オンライン式レッスンのメリット ●
● ご都合の良い日程や時間帯で、ご自宅でリラックスしつつ、学んでいただけます

● 交通費、時間、諸経費を節約できます

● 今後ますますオンラインアプリを使った、自宅セッションやレッスンの需要が増えてゆく傾向にあります
  そこで事前にこうしたアプリや形式に慣れておけて、安心です



遠方にお住いのかた、受講可能な時間帯に制限があるかた、ご自宅でリラックスして受講されたいかた にはご好評をいただいています(ヨーロッパやアメリカなど、海外在住の方々も受講してくださっています)

受講をご希望のかたにはZoomやネットの動作確認や使い方指導、講座のオリエンテーションを兼ねた「テストコンサルテーション(無料)」を事前にお受けいただきます
(所要時間は30分程度です。空きがありましたらすぐにお受けいただけます)

なお、受講されるかどうかは、テストコンサル終了後にお決めください(こちらからはお誘いしません!)

(教材の見本画像です 【別窓でご覧になれます】)




---事前のご準備をお願いします---

◆パソコン、ネット環境、WEBカメラやヘッドセット(マイクとイヤフォン。必要があれば)をご用意ください
 (レッスン時間の長さから、スマホやタブレットPCではお受けいただけません)
  ⇒ 機器など、事前の準備について(別窓)



---そのほか---

◆お子さんを含め、第三者のレッスンへのご同席は固くご遠慮願います
(発覚した際はすぐに中止いたします。 理由はFAQ をご覧ください)

◆レッスンの途中でパソコンの故障やネット環境のトラブル等、不可抗力な理由によってレッスンの続行が難しい場合は、残りの分は後日お受けいただけますのでご安心ください。 その際の追加費用もございません

◆他の数秘術メソッドを含め、ご自身の経験や意見へのこだわりが強いかたにはご遠慮いただければと思います

◆使用するテキストや資料は郵送でのお届けになります(送料は無料です)
 (ただし海外への発送をご希望の場合、別途頂戴いたします)

◆受講可能な時間は、10時から17時(最終スタート)の間で、お休みは不定休です



テストコンサルテーション用フォームへ
お申込は、こちらの専用フォーム(SSL通信仕様)でのみ、受けつけています





コースMenu



講習内容及び条件については事前の予告なく変更される場合がございます
※本講座に関するQ&Aは こちら


お申込みからレッスン開始までの流れ(表)【別窓でご覧になれます】


◆ コースのごあんない
プロフェッショナル養成のためのコース
随時募集および開講しています
初心者から経験者まで、「癒せる」カウンセリングタイプの数秘術にご興味がおありのかたに


◆ 補習レッスン
コース修了後、ご希望のかたに



Hearts in Harmony 講師■■ケイサトウ■■■■過去7 ― ライフパス33(6) ― 未来7




・◆・ 数秘術講座の Top-page ・◆・

・◆・ サイトTop-Page ・◆・

・◆・ お問い合わせ ・◆・





Hearts in Harmonyはいかなる宗教関連団体および思想的団体とも関わっておりません
また、思想的活動や販売、勧誘行為も行っておりません

当HPコンテンツの許可なき転載およびコピーは固くご遠慮願います
All copylights(C) are reserved by Kay Sato since 2003